レーシック手術後、時間の経過とともに徐々に視力が低下した30代女性 会社員

こんにちは、クォンタムアイ神田店の神原です。

本日は、2019年4月13日に来店された30代女性 会社員のYさんの経過報告です(Yさんの許可を頂いて掲載しております)。

ご来店の経緯

13年前にレーシック手術を行い、手術直後は片目両面それぞれ2.0あった。
それからは時間の経過とともに、徐々に視力が低下。
2019年4月13日に初めて来店された時の視力は、左0.8右0.3両0.9でした。
その後、合計で4回が終了した2019年5月19日の視力は、左1.2右0.7両1.5となりましたのでその経過をこちらに報告いたします。ご参考ください。

ご来店後、約1か月後の結果

初回目施術 前後視力(2019年4月13日)

施術前、左目:0.8 右目:0.3 両目:0.9
初回施術後、左目:1.0 右目:0.4 両目:1.0

2回目施術 前後視力(2019年4月21日)

施術前、左目:1.0 右目:0.5 両目:1.0
施術後、左目:1.2 右目:0.4 両目:1.2

3回目施術 前後視力(2019年5月3日)

施術前、左目:1.2 右目:0.5 両目:1.5
施術後、左目:1.0 右目:0.6 両目:1.5

4回目施術 前後視力(2019年5月19日)

施術前、左目:1.0 右目:0.6 両目:1.5
施術後、左目:1.2 右目:0.7 両目:1.5

今後の施術方針

今では両目で1.5を安定して越えるようになりました。こちらのYさんに限らず、当店ではレーシック後の視力低下に対しての施術実績は多数ございます。また、結果も早く出やすい傾向にあります。

神原

最新のアンチ・エイジングマシン


Quantum Eye(クォンタムアイ)は、「眼」が持つ優れた美容効果に着目して開発されました。眼精疲労や視力低下の原因の多くは、眼の中のレンズ「水晶体」を司る「毛様体」の機能低下であると言われています。目のピント調節に必要な「毛様体筋」が凝り固まって「水晶体」の厚みを変えられなくなると、目の疲れ、近視・遠視・老眼などの症状が出ると考えられているのです。その原因を独自の複合波で「毛様体筋」に直接アプローチ。疲れ目や視力低下の改善が期待でき、目元や頬のたるみ・むくみ、クマやシワなども集中的にケア。長期的に考えると価格帯もお得な手術をしない施術。もう眼鏡・コンタクト・レーシック等のお悩みとはさようなら。

初回半額キャンペーン実施中

今なら期間限定で、最新のアンチエイジングマシンを体感できます。是非このチャンスをお見逃しなく!

> お試しキャンペーン実施中

≫ 安全性 ≫ 価格表 ≫ お客様の声