15年前にレーシック手術を受けて、手術直後の視力は2.0あったが…

こんにちは、クォンタムアイ神田店の神原です。

本日は、40代男性 会社役員TSさんの施術結果をお届けしたいと思います。

ご来店の経緯

15年前にレーシック手術を受けて、手術直後の視力は2.0あったが、2020年1月の健康診断時点で左・右それぞれ1.0・1.0でした。(当店の初回検査では下記の通り、さらに低下していました。)
また、遠近(ピント)調節機能の低下も強く感じておられました。特に、近く→遠くの時に、ピント調節に時間がかかる様になったということでした。
初回ヒアリング時は、このような状況でした。
施術の結果は以下の通りです。

施術経過(2020年11月)

【2020/11/05】
施術前、左目:0.7 右目:0.9 両目:1.0
初回施術後、左目:1.0 右目:1.2 両目:1.5

【2020/11/12】
2回目施術前、左目:0.9 右目:1.0 両目:1.2
2回目施術後、左目:1.0 右目:1.2 両目:1.5

【2020/11/19】
3回目施術前、左目:0.9 右目:1.5 両目:1.5
3回目施術後、左目:1.0 右目:1.5 両目:1.5

【2020/11/26】
4回目施術前、左目:1.0 右目:1.5 両目:1.5
4回目施術後、左目:1.2 右目:1.5 両目:1.5

今後の施術方針

今回もレーシック後の近視戻りの症例です。
まだ安定化したと評価するには早いですが、良いペースでここまで来ています。

引き続き、あと2~3回このペースで施術をお受けいただき、定着の状態を確認して、順調であれば施術間隔を長くする段階に入っていけるものと思われます。
また、お客様が初回時に気にされていたピント調節の不快感もだいぶ改善された旨の感想頂きました。
変化を感じていただいて何よりです。

以上、施術経過報告でした。

神原

最新のアンチ・エイジングマシン


クォンタムアイ(QuantumEye)のアイトリートメントは、「眼」が持つ優れたピント調節機能や美容効果に着目して開発されたアンチエイジング・マシンです。眼精疲労や視力低下の原因の多くは、眼の中のレンズ「水晶体」を司る「毛様体」の機能低下であると言われています。目のピント調節に必要な「毛様体筋」が凝り固まって「水晶体」の厚みを変えられなくなると、目の疲れ、近視・遠視・老眼などの症状が出ると考えられているのです。その原因を独自の複合波で「毛様体筋」に直接アプローチ。疲れ目や視力低下の改善が期待でき、目元や頬のたるみ・むくみ、クマやシワなども集中的にケア。長期的に考えると価格帯もお得な手術をしない施術。もう眼鏡・コンタクト・レーシック等のお悩みとはさようなら。

初回半額キャンペーン実施中

今なら期間限定で、最新のアンチエイジングマシンを体感できます。是非このチャンスをお見逃しなく!

> お試しキャンペーン実施中

≫ 安全性 ≫ 価格表 ≫ お客様の声