2003年にレーシック手術を受けてから14年後、健康診断の視力測定で視力が大幅に落ちてきた自覚がある

こんにちは、クォンタムアイ神田店の神原です。

本日は、50代会社員男性 TSさんの施術結果をお届けしたいと思います。

ご来店の経緯

2003年(18年前)にレーシック手術を受けられて視力1.5になった後、しばらくは何の問題もなく過ごせていた。

その後、4年前の健康診断までは左右共に1.0以上を保っていたが昨年2020年10月の健康診断でそれぞれ0.7となり、それから約一年間で更に大きく落ちてきた自覚があるが視力測定はまだしていない。

またこの一年で暗いところや手元の作業も以前と比べると見えにくさを自覚するようになった。

2021年8月17日にご来店。

尚、現時点での施術経過は以下の通りです

過去の施術経過(時系列)

施術経過(2021年08月)

【2021/08/17】
■裸眼(らがん)
初回施術前、左目:0.5 右目:0.3 両目:0.5
初回施術後、左目:0.6 右目:0.5 両目:0.7

【2021/08/26】
■裸眼(らがん)
2回目施術前、左目:0.6 右目:0.5 両目:0.6
2回目施術後、左目:0.6 右目:0.7 両目:0.9

施術経過(2021年09月)

【2021/09/02】
■裸眼(らがん)
3回目施術前、左目:0.5 右目:0.6 両目:0.8
3回目施術後、左目:0.9 右目:0.7 両目:0.9

【2021/09/09】
■裸眼(らがん)
4回目施術前、左目:0.7 右目:0.6 両目:0.8
4回目施術後、左目:0.9 右目:0.6 両目:0.9

【次回の5回目施術予定】

7日後

以上、施術経過報告でした。

現在、推奨している施術ペース通りの、約一週間に一回のペースでご利用いただけています。
ここまでの数値結果から見えてきた所見ついて、左目と右目の違いに着目してみると、以下のことが言えそうです。

【左目と右目の変化傾向について】
左目については、施術直後の変化量が比較的大きいが、その状態の安定化が課題。この点、施術前視力の数値が徐々に向上傾向にあるので引き続き経過に注視していく。
一方、右目については、変化と安定化は早い段階で起きてきたと言えるが、伸びしろとしては左目に劣る。ただし、スタート時の視力数値と比較すると決して小さくない変化と言える。また、安定化についてはここ数回の平均が0.6~7と出ているので、順調と言える。

■レーシック等の手術後の視力低下の方へ

それぞれお客様毎に、施術をお受けになる上で、確認をさせていただくことが、通常のヒアリング項目に追加していくつかございます。
また、手術後の視力低下に特化した説明もさせていただきます。ですので、該当のお客様はレーシック等手術済である旨をご予約時、若しくは初回ヒアリング時に必ず仰ってください。よろしくお願いいたします。
当店では今までの多くの施術実績からなるデータを元に、お一人おひとり状況の異なるお客様に対して、独自の施術計画に沿って、より効果が最大化する施術に努めております。

神原

≫ 過去にレーシック手術を受けた後、視力低下に悩むお客様一覧

最新のアンチ・エイジングマシン


クォンタムアイ(QuantumEye)のアイトリートメントは、「眼」が持つ優れたピント調節機能や美容効果に着目して開発されたアンチエイジング・マシンです。眼精疲労や視力低下の原因の多くは、眼の中のレンズ「水晶体」を司る「毛様体」の機能低下であると言われています。目のピント調節に必要な「毛様体筋」が凝り固まって「水晶体」の厚みを変えられなくなると、目の疲れ、近視・遠視・老眼などの症状が出ると考えられているのです。その原因を独自の複合波で「毛様体筋」に直接アプローチ。疲れ目や視力低下の改善が期待でき、目元や頬のたるみ・むくみ、クマやシワなども集中的にケア。長期的に考えると価格帯もお得な手術をしない施術。もう眼鏡・コンタクト・レーシック等のお悩みとはさようなら。

初回半額キャンペーン実施中

今なら期間限定で、最新のアンチエイジングマシンを体感できます。是非このチャンスをお見逃しなく!

> お試しキャンペーン実施中

≫ 安全性 ≫ 価格表 ≫ お客様の声