視力矯正を続け近視や乱視に加えて老眼の症状も徐々に強くなってきた

こんにちは、クォンタムアイ神田店の神原です。

本日は、50代女性 会社員 MKHさんの施術結果をお届けしたいと思います。

ご来店の経緯

長らくメガネを使って視力矯正を続けてこられたお客様です。近視や乱視に加えて老眼の症状も徐々に強くなってきているとのこと。
また、裸眼だと4~5m先の人が目を開けているのか閉じているのかわからない状態ということでした。
コンタクトレンズの乾きが酷くて装着困難。メガネは遠近両用を使用しているが、とても煩わしく感じている。

2021年10月16日にご来店。

尚、現時点での施術経過は以下の通りです

過去の施術経過(時系列)

施術経過(2021年10月)

【2021/10/16】
■裸眼(らがん)
初回施術前、両目:0.1
初回施術後、両目:0.15
■眼鏡(めがね)
初回施術前、左目:1.0 右目:1.0 両目:1.2
初回施術後、左目:1.2 右目:1.5 両目:1.5

【2021/10/23】
■裸眼(らがん)
2回目施術前、両目:0.2
2回目施術後、両目:0.4
■眼鏡(めがね)
2回目施術前、左目:1.5 右目:1.5+ 両目:2.0
2回目施術後、左目:1.5 右目:2.0 両目:2.0

【2021/10/30】
■裸眼(らがん)
3回目施術後、両目:0.2
3回目施術後、両目:0.4
■眼鏡(めがね)
3回目施術前、左目:1.5+ 右目:2.0 両目:1.5+
3回目施術後、左目:2.0 右目:2.0 両目:2.0

【次回の4回目施術予定】

2021年11月13日

以上、施術経過報告でした。

現状の所見

想定していたよりも裸眼の伸びが大きく出ています。裸眼の変動傾向として、スタート時点での数値が高ければ高いほど変化の幅も大きくなる傾向です。
本症例では、決して裸眼視力が高いとはいえない、むしろ低い視力ではありますが、それを考えると2回目と3回目の施術後数値は変動が大きいとみて良いでしょう。
ただ、これがしっかりと普段の状態として安定化することが重要ですし、その判断基準は施術前数値です。
とはいえ、全体的に改善傾向にあるのは間違いないですので、引き続き推奨ペースでのご利用をご提案して経過に注視して参ります。

以上、施術経過報告でした。

神原

最新のアンチ・エイジングマシン


クォンタムアイ(QuantumEye)の施術は、「眼」が持つ優れたピント調節機能や美容効果に着目して開発されたアンチエイジング・マシンです。眼精疲労や視力低下の原因の多くは、眼の中のレンズ「水晶体」を司る「毛様体」の機能低下であると言われています。目のピント調節に必要な「毛様体筋」が凝り固まって「水晶体」の厚みを変えられなくなると、目の疲れ、近視・遠視・老眼などの症状が出ると考えられているのです。その原因を独自の複合波で「毛様体筋」に直接アプローチ。疲れ目や視力低下の改善が期待でき、目元や頬のたるみ・むくみ、クマやシワなども集中的にケア。長期的に考えると価格帯もお得な手術をしない施術。もう眼鏡・コンタクト・レーシック等のお悩みとはさようなら。

初回半額キャンペーン実施中

今なら期間限定で、最新のアンチエイジングマシンを体感できます。是非このチャンスをお見逃しなく!

> お試しキャンペーン実施中

≫ 安全性 ≫ 価格表 ≫ お客様の声