眼精疲労の改善点

眼精疲労を改善しよう!

神原です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、本日は眼精疲労について書いてみようと思います。

皆さまご存知かもしれませんが、眼精疲労から体に様々な異常が現れるとよく言われますが理由はよくわかっていません。物が見にくくなるために、よく見ようとして不自然な姿勢をとりそれが肩凝りなどを引き起こすということも考えられます。

また、視力が低下すれば目を凝らしたり、集中力をより高める必要があります。そのようなことによる緊張の連続が、頭痛やめまい、吐き気、倦怠感の原因かもしれません。さらに、精神的ストレスによって、目とからだの不調が同じ理由で同時に起きている可能性もあります。

つまり事前にその要因となる視力低下を防ぐ必要があります。

近視・乱視・老眼その矯正不良

近視・乱視・老眼が進むと眼球の内部でなんとか網膜にピントを合わせようとして、水晶体の厚さを調節する筋肉(毛様体)の緊張が続きます。

メガネやコンタクトレンズが合っていないために眼精疲労は進み目に負担がかかり、目が疲れている状態になります。目が疲れているというのは、網様体筋を始めとする、目の筋肉が疲れている状態です。症状としては、目や目の周りがズーンと重いとか、目がしょぼしょぼするとか、そのような状態に表れます。

実は大体の視力低下のお客様が共通していることがあります。それはスマホを持ち始めてから視力低下しているお客様が多いのです。

そこでこの2点を気をつけることをお勧めしています。

  1. 寝る前はスマホを使わない!
  2. 画面の明るさに気を付ける!

せっかく当社の施術を受けても同じことを繰り返して視力を低下させては勿体ないですからね。

最新のアンチ・エイジングマシン


Quantum Eye(クォンタムアイ)は、「眼」が持つ優れた美容効果に着目して開発されました。眼精疲労や視力低下の原因の多くは、眼の中のレンズ「水晶体」を司る「毛様体」の機能低下であると言われています。目のピント調節に必要な「毛様体筋」が凝り固まって「水晶体」の厚みを変えられなくなると、目の疲れ、近視・遠視・老眼などの症状が出ると考えられているのです。その原因を独自の複合波で「毛様体筋」に直接アプローチ。疲れ目や視力低下の改善が期待でき、目元や頬のたるみ・むくみ、クマやシワなども集中的にケア。長期的に考えると価格帯もお得な手術をしない施術。もう眼鏡・コンタクト・レーシック等のお悩みとはさようなら。

初回半額キャンペーン実施中

今なら期間限定で、最新のアンチエイジングマシンを体感できます。是非このチャンスをお見逃しなく!
> お試しキャンペーン実施中

≫ 安全性 ≫ 価格表 ≫ お客様の声