現代人は近くばかり見過ぎる

こんにちは。クォンタムアイ神田店の磯部です。
本日も皆さまを目に関するお悩みにお応えしていきます。

近くばかり見過ぎると眼球の周りの筋肉が疲れてしまいピント調節機能が衰えて視力低下に繋がります。
もし最近近くばかり見過ぎているようでしたら是非、以下のようなセルフケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

遠近トレーニング

  1. 親指を立てて顔から30cmほど離す。
  2. 親指の爪にピントを合わせる。
  3. 部屋の遠くを見る(例えばカレンダー・時計・窓から見えるビル)
  4. 親指を見る→遠くを見る

を繰り返す。
※1日5分程度。1回ではなく1日の合計が5分なので何回かにわけて大丈夫です。

平行法トレーニング

2つに並んだ丸⚫ ⚫を3つになるように見つめる。
※動画やアプリで配信されてますよ。
※1回3分程度ですが1日に多くても3回を限度としそれ以上行わないで下さい。

継続して何時間もやれば良くなる訳ではございません。
目に疲れを感じたら途中でも中止して下さい。

また、視力回復や目の疲労軽減の方法をご検討中の方で、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

クォンタムアイ 磯部

最新のアンチ・エイジングマシン


Quantum Eye(クォンタムアイ)は、「眼」が持つ優れた美容効果に着目して開発されました。眼精疲労や視力低下の原因の多くは、眼の中のレンズ「水晶体」を司る「毛様体」の機能低下であると言われています。目のピント調節に必要な「毛様体筋」が凝り固まって「水晶体」の厚みを変えられなくなると、目の疲れ、近視・遠視・老眼などの症状が出ると考えられているのです。その原因を独自の複合波で「毛様体筋」に直接アプローチ。疲れ目や視力低下の改善が期待でき、目元や頬のたるみ・むくみ、クマやシワなども集中的にケア。長期的に考えると価格帯もお得な手術をしない施術。もう眼鏡・コンタクト・レーシック等のお悩みとはさようなら。

初回半額キャンペーン実施中

今なら期間限定で、最新のアンチエイジングマシンを体感できます。是非このチャンスをお見逃しなく!

> お試しキャンペーン実施中

≫ 安全性 ≫ 価格表 ≫ お客様の声